お引っ越しの際の不用品・粗大ゴミなどの処分、空き家の残置物回収、草刈り・剪定や法人様の広告、印刷手配、イベントのお手伝いまで何でもご相談下さい。明朗会計にてお見積もり致します。04-7110-7390

  • トップページ
  • 柏便利屋料金表
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 残された家族、親族が荷物の片付け、残置物の処分をすることになるケースが多い。

    Home » 不用品回収 » この記事
    2015-06-22

    長年住み慣れた家。

    以前は5人家族、3人家族・・、で親子仲良く暮らしていたお家だった。

    でも、両親は片親がいなくなり、子供は独立し、ご老人の一人暮らしが続いていた・・・・。

    そんな一人暮らしのご老人が施設に入居!

    これでお家は誰も住まなくなり、1年、2年と経過していった。

    そんなお家には思い出が詰まった色々なものが一杯ある。

    こうした荷物の片付けのご依頼が最近多くなってきました。

    ご依頼主は、残された家族、親族です。

    どんなものがあるか、よくあるケースを思い出してみると・・・。

     

     

    独立した子供が小学生の頃使った教科書、卒業証書。

    お父さんが使っていた手帳が何十冊もある、1960年なんて書いてある。

    今は懐かしいレコード盤、朝日ソノラマのソノシート、カセットテープの落語、東京オリンピックの記念硬貨、・・・。

    押入れの戸袋には、結婚式の引き出物でもらった包みが開けずにそのまま。

    三越の包装紙が茶色くなっている。

    開けてみると天皇家ご用達とも言われる有名ブランドの食器。

    でも結局使わないまま、包装紙も開けずに、おそらく30年くらい眠っていた。

    その近くには、娘さんの結婚式の写真が立派なアルバムに入って・・・。

    さらに押入れには、もらい物と思われる箱入りの品物が多数。

    中身の多くはブランド品のタオル。

    ジバンシー、ピエールバルマン、イブサンローラン、ニナリッチ・・・・。

    タチキチの瀬戸物もある。

    もらい物はみんな品物がよいが、使わずに置いておくのが多くの日本人のようだ。

    座敷の部屋にはガラスの戸のついたケースがあり、その中には海外のお土産がぎっしりと。

    きっと海外に赴任していたことが多かったのでは。

    タンスには、お父さん、お母さん用の服が色々と。

    コートにスーツ、セーターに下着。

    まだ使っていない靴下、それもブランド品の。

    納戸には大量の本が。

    お父さんはずいぶんインテリだったようだ。

    お母さんは毛糸の編み物をしていたようす・・・。

    使っていない毛糸の玉がいくつも出て来た。

    子供部屋だった部屋にはまだ机が置いたまま。

    引き出しの中は、鉛筆や定規など、まるで今も子供が使っているような感じ・・。

    棚には録画したビデオテープがぎっしり。

    CDもずいぶんある。昔のヒット曲だ。

    居間には古いオルガンが。

    きっと娘さんが習ったんだろう。

    隣には大きなスピーカーが。

    昔のスピーカーは大きかった。

    棚から出て来たダンボールには、過去の年賀状が一杯しまってある。

    律儀にずーっと捨てずに置いておいた様子。

    出さずに使わなかった年賀状も出て来た。

    10円なんてはがきもあった。

    そのほか使っていない洗剤、石鹸、消費期限がはるかに過ぎた缶詰、何かでもらった額入りの表彰状・・。

    そして大量のその他の不用品・・・。

    これら全てを我々は処分します。

    そのとき何十年かの重みを感じます、いつも・・・。

     

    こうした仕事が最近増えてきています。

     

    お電話でのお問合せ、お申し込みは
    通話料金無料 0120-277-747 へ。

    弊社の対象地区は、柏市、我孫子市、松戸市、流山市、野田市、市川市,
    守谷市、三郷市です。

     

     

     

    Copyright(c) 2013 柏の便利屋どっとこむ All Rights Reserved.